まんがでわかるゆうさいくんの籠城シート 1ページ 戦国時代、天下一の粋人とよばれた武将がいた 時はかわってここは現代 市の職員「災害時の避難所対策を考えないと…でもいったいどうすれば…」 謎の声「防災のことならこのわしにまかせよ~」 職員「そ…その声は!?」 ゆうさいくん「細川幽斎ことゆうさいくんじゃよ!」 職員「な…なぜゆうさいくんが!?」 ゆうさいくん「なにを申す!わしこそ防災の達人なのじゃ!あの関ヶ原の戦いの前哨戦では石田三成軍一万五千人に対しわしはわずか五百人で城を守りぬいたんじゃ」

まんがでわかるゆうさいくんの籠城シート 2ページ ゆうさいくん「さて アレをもて!」 従者「御意!」 籠城シート登場 ゆうさいくん「これはすぐれモノじゃぞ!これは1本で五十人分の寒さをふせぐのじゃ。適度な弾力で丈夫じゃぞ。しかもカッターナイフで簡単に切ることができるぞよ」 職員「いろいろなところに使えそうですね」 ゆうさいくん「全てはおぬしの工夫次第じゃ」 ベッドのマットレス・簡易座布団・遮光や結露防止・滑りどめ・除染作業時の床マット…など高い汎用性が特徴 ゆうさいくん「しかも重さはたったの17キロ、6畳間に48本(二千四百人分)も備蓄可能じゃぞ!

まんがでわかるゆうさいくんの籠城シート 3ページ 職員「でも色が黒なのはおちつかないのでは?」 ゆうさいくん「おぬし居心地をよくしてどうするのじゃ!?ずっと避難所で生活するのか?」 従者「黒はよごれが目立たず夜にはよくねむれるという研究結果があるそうでござるよ」 ゆうさいくん「あえて黒なのじゃ!」 職員「そうなんですね」 寒さ対策!高い汎用性!ちょうどよいかたさ!備蓄しやすい!軽くて丈夫!ゆうさいくんの籠城シート

PDFファイルをダウンロードPDFファイルをダウンロード